閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

タグ:保温

保温性・保冷性の向上冷水やお湯の温度を保つ簡単な方法は、水筒の周囲を断熱性素材で覆うことだ。またボトルの壁が二重構造もしくは真空タイプの場合、飲み物の熱が逃げていくのは、内部の蓋の部分からだ。この部分が長くかつ細いものほど内部の熱…

保温の為の工夫キャンプ用のマットがあれば簡単に平らな寝床を作ることが出来る。背中に当たる凸凹をクッションで和らげるとともに、地面と寝袋の間に空気の層を作る為、寝袋が持つ保温力のロスをを少なく出来る。夏場は気がつきにくいが、弾力性と…

保温力を高める工夫簡単にスリーピングの保温力を高める方法はいくつかあるが、重要なのは寝袋のロフト(嵩張り)を潰さないことである。中綿はふんわりと膨らんでこそ保温力を発揮するが、一工夫加えたつもりで、保温力を損なうことは避けたい。例…

ウェアやシュラフカバーで保温を機能的な寝袋を手に入れたら、あとはいかにその性能を発揮させ、長い間快適に使うためのアイデアを身に付けたい。他のオプションとの組み合わせや保管方法なども重要だ。バックパックに入れて持ち運ぶ寝袋は、できる…

寝袋は保温が肝寝袋の保温性を語る上で、中綿の性質は外せないが、とかくダウンのフィルパワーの数値ばかりが語られがちだ。だが、いくら内部の中綿が優れていても、その量や内部への封入方法を合わせて考えなければ意味がない。表面の素材やファス…

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る