閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツール の分類(ナイフ)
  2. マルチツールの分類(カトラリー付きタイプ)
  3. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  4. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  5. マルチツールの分類(まとめ)
  6. クッカーの使い方(メンテナンス)
  7. クッカーの使い方(収納)
  8. クッカーの使い方(収納袋)
  9. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  10. クッカーの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

タグ:分類

可能な限り荷物を減らしたい山では、単なるナイフよりもマルチツールの方が有用だ。だが、多少手の込んだ料理をする際には、やはり大きめのブレードを持つナイフがあると便利である。余裕のある時には、一つ持っておくと良いだろう。オピネル ステ…

ナイフや缶切りといったマルチツールの調理用パーツに、スプーンやフォークなどのカトラリーがついたタイプもある。修理などの他の目的には使いにくいが、食事に必要なパーツだけに絞ってあるために、マルチツールの中では軽量でコンパクトだ。個人的な見解…

マルチツールの様々な機能の中で、ナイフよりもプライヤー(ペンチ)機能を優先したタイプがある。縦に二つに別れたグリップを開いていくと、バタフライナイフのようにプライヤーが飛び出してきて、通常のペンチとして使える。レザーマン シグナル…

いわゆるアーミーナイフはマルチツールの一種であるが、その存在と名称はマルチツールという呼び名以上に、一般的にポピュラーだ。名前の通り、ナイフを主体としており、そこにプラスして多くの機能的なパーツが付いている。ビクトリノックス スー…

お湯を沸騰させるのに特化したヤカンお湯を沸騰させるのに特化したヤカン型も便利だ。バーナーの熱を効果的に活かす構造で、本体や蓋には注ぎ口が設けられ、お湯をこぼしにくい。鍋型クッカーの内部に収納できるサイズに設計されているものが多く、…

熱に強いステンレスの網山での料理の幅を広げるのが小さな網だ。フライパンなどの鍋底面での鉄板を使った焼き料理は焦げ易く、キャンプとは異なり山行では重く後処理も大変な為、網の方が、軽く使い勝手良くこんがりと焼けて美味しさが増すので重宝…

カップや皿も一体的に収納最近になって人気を増しているのが、鍋の大きさに合わせ、セットになったカップや皿などを効率よく内側に収納できる一体システム型のクッカーだ。これ一つで数人分の調理と食事の道具全てが足り、荷物もコンパクトな山行が…

部活やアウトドアで大活躍!4〜5人分以上の食事を一度に作るには、大型の鍋の出番だ。昔から大学・高校の山岳部・ワンダーフォーゲル部などではお馴染みで、大量のカレーや鍋物を作るには、やはり大鍋が良い。山だけではなく、焚き火料理にも使い…

金属の鍋型クッカーキャンプ用の調理器具として、誰もが思いつくのが金属の鍋型タイプだ。実際に最も汎用性が高く、水を沸騰させて食材を煮るだけではなく、使い方によっては、蒸す、炒める、焼くなどと、様々な使い方が可能だ。素…

「コッヘル」と「クッカー」の違いテント泊だけではなく、小屋泊まりでも活躍するのが調理用のクッカーだ。いくつかの種類があるが、その中心となるのは金属製の鍋型だ。軽量性と丈夫さ、そして使いやすさのバランスが取れた優れたモノを用意したい…

液体燃料式バーナーの特徴ホワイトガソリンを中心に、自動車用無鉛ガソリン、灯油、軽油、ジェット燃料などの常温でも液体の燃料を使用するのが、液体燃料式バーナーだ。製品によってホワイトガソリン限定のモデル、複数の燃料に対応できるモデルな…

ガスカートリッジ式バーナーの特徴ガスといっても気体のままではなく、高圧をかけて液化し、体積を減らして金属のカートリッジに封入されている。このカートリッジにバーナー本体を組み合わせ、空気中で再び気体化したガスに空気を混同して燃やすの…

「燃料」で別れる主要2タイプシングルバーナーは、燃料の種類で分類するのが一般的だ。メインは2種で「ガス」と「液体」であり、それぞれに持ち味は異なる。火は1つしか使えないが、コンパクトでいて、料理には十分なシングルバーナーは、山中や…

硬い地面でも凹凸を感じさせず、雪上では冷気もシャットアウトする。山中の安眠に欠かせない山道具の一つが、スリーピングマットだ。外見はどれも同じように見えるが、その構造には様々な工夫が秘められている。長所が異なる3つのタイプ…

ダウンか、化学繊維か?スリーピングバッグ内部の中綿の素材はダウンか、化学繊維に大別される。選ぶ基準は保温性(暖かさ)と収納性(コンパクトさ)におおむね収斂される。暖かさは、空気の層によって決まる。ロフト(嵩張り)が高く、たっぷり空…

スリーピングバッグとは?「スリーピングバッグ」は、日本語では「寝袋」、登山用語の多いドイツ語では「シュラフ(正確にはシュラフザック)」と呼ばれ、現在の日本では、この3語が混在している。私の感覚値ではあるが、アルパインスタイルの登山…

ビビィサックポールと本体の生地というテントのような構造を持ちながら、体を横たえる必要最小限のスペースで山中の宿を作るのが、ビビィサックだ。スリーピングバッグのサイズで、山中の夜を過ごす道具で、山に慣れてくれば、テントに代わる相棒に…

テントの分類山での「生活」を可能にする道具、それがテントだ。軽量性・居住性・強靭さ。山の我が家に求められるのは、多様な機能である。風雨が吹き荒れるタフな環境こそテントの実力が試される。現代のテントは、大きく4つのタイプに分類される…

登山のスタイルに合わせて選ぶ登山には色々な形態が有り、それに合わせて機能を特化させたモデルも少なくない。汎用性はなくなるが、ある特定の状況では快適に扱える。例えば、一般的になりつつあるウルトラライトは、アメリカのロングトレイルで生…

背面パッドの違い体とダイレクトに接する背面部分は、バックパック選びの際の大きなポイントになる。その種類を大別すれば、下記の3種になる。誰の体にもフィットしやすいのがパッドタイプで、パネルタイプは形状によっては合わない人もいるが、合…

さらに記事を表示する
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る