閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

タグ:分類

ヘッドライト以外のライト山では両手が空くヘッドライトの優位性は揺るがないが、ハンドライトやネックライトも便利だ。また、キャンプ地での居住性を高めたいときには、小型ランタンを持っていくのも悪くない。いずれにせよ、点灯するのはヘッドラ…

照射距離を調整できるハイブリッド小型と大型の2種類のLEDを備えるヘットライトもある。近距離を照らしたい時には小型LEDを、長距離を照らしたい場合は大型LEDをと使い分けが可能だ。中には小型と大型のLEDを同時に点灯でき、最高度の…

山道での歩行なら遠距離タイプがオススメ!遠距離を照射するのに特化したモデルは、大きめのLEDが一つのみ付属したタイプが一般的だ。LEDの数が少ない分、その光は強力で、スポットライトのような光で遠くまでを照らす。現在のモデルは、光量…

テント内なら近距離タイプがオススメ!本体に小型のLEDが数個並んだタイプは、広範囲に柔らかな光を照射する。照らしたいモノの場所が近い場合に有用で、テントの周囲で食事を作ったり、内部で本を読んだりする時や、消灯後の山小屋内でも使いや…

照射距離で別れる目的テント泊はもちろんのこと、日帰り登山の時にでも緊急時に備えた山の道具として、どんなシチュエーションでも必要不可欠な存在がヘッドライトだ。個人的には、登山初心者にも、日帰り登山であっても最初に揃えるべき山道具の一…

保温ボトル保温ボトル形状のウォーターボトルは、ボトルの壁を二重にした上で、その間の空間を真空にしたものが主流だ。熱の伝導率を低くすることで断熱性を上げ、お湯を保温するだけでなく、冷水を保冷する効果もある。保温性の向上の為、使われる…

フィルム状水筒数層にラミネートされたフィルムなどの合成樹脂を使った水筒は、非常に軽量で、水を入れていないときは小さく収納できるなどのメリットがあり、現在では人気のタイプである。私が20年以上前に登山を始めた頃には存在しなかったのだ…

ウォーターボトルアルミや合成樹脂を使って作られたボトルは、昔から定番のウォーターボトルだ。以前は筒型の他に、平形や箱型の形状のものが多く見られたが、現在ではシンプルで耐久性が高く、携行性にも優れた筒型のものが主流になっている。特に…

水分を効率よく運ぶ性能登山中は大量の汗をかき、こまめな水分補給が欠かせない。そこで必要となるのが、ボトルを中心とする飲料水を運ぶための水筒類だ。行動中に破損しない耐久性を持ち、使いやすいモノを選び用意したい。ボトルや水筒類でまず何…

大人数なら調理用具セット大人数で山に入り、大きめの鍋を使って共同で食事の用意をする際には、調理用のカトラリー類も大きめの方が良い。柔軟なまな板に大きなレードルやフライ返し、各種の調味料入れなどが付いたキッチンセットなど、専用ケース…

「武器」を持って行こう!食事の時に必要になるのが、箸やスプーンなど、いわゆる山用語で「武器」と呼ばれるカトラリー類だ。割り箸など使い捨てを使っている人もいるが、どうせならばコッヘルとともに山用のものを使いたい。また、個人的な見解を…

可能な限り荷物を減らしたい山では、単なるナイフよりもマルチツールの方が有用だ。特にトレッキングでは、マルチツールに分がある。だが、多少手の込んだ料理をする際には、やはり大きめのブレードを持つナイフがあると便利である。ナイフは目的に応じて選…

ナイフや缶切りといったマルチツールの調理用パーツに、スプーンやフォークなどのカトラリーがついたタイプもある。修理などの他の目的には使いにくいが、食事に必要なパーツだけに絞ってあるために、マルチツールの中では軽量でコンパクトだ。個人的な見解…

マルチツールの様々な機能の中で、ナイフよりもプライヤー(ペンチ)機能を優先したタイプがある。縦に二つに別れたグリップを開いていくと、バタフライナイフのようにプライヤーが飛び出してきて、通常のペンチとして使える。レザーマン シグナル…

いわゆるアーミーナイフはマルチツールの一種であるが、その存在と名称はマルチツールという呼び名以上に、一般的にポピュラーだ。名前の通り、ナイフを主体としており、そこにプラスして多くの機能的なパーツが付いている。刃物はシンプルなものが一番…と…

お湯を沸騰させるのに特化したヤカンお湯を沸騰させるのに特化したヤカン型も便利だ。バーナーの熱を効果的に活かす構造で、本体や蓋には注ぎ口が設けられ、お湯をこぼしにくい。鍋型クッカーの内部に収納できるサイズに設計されているものが多く、…

熱に強いステンレスの網山での料理の幅を広げるのが小さな網だ。フライパンなどの鍋底面での鉄板を使った焼き料理は焦げ易く、キャンプとは異なり山行では重く後処理も大変な為、網の方が、軽く使い勝手良くこんがりと焼けて美味しさが増すので重宝…

カップや皿も一体的に収納最近になって人気を増しているのが、鍋の大きさに合わせ、セットになったカップや皿などを効率よく内側に収納できる一体システム型のクッカーだ。これ一つで数人分の調理と食事の道具全てが足り、荷物もコンパクトな山行が…

部活やアウトドアで大活躍!4〜5人分以上の食事を一度に作るには、大型の鍋の出番だ。昔から大学・高校の山岳部・ワンダーフォーゲル部などではお馴染みで、大量のカレーや鍋物を作るには、やはり大鍋が良い。山だけではなく、焚き火料理にも使い…

金属の鍋型クッカーキャンプ用の調理器具として、誰もが思いつくのが金属の鍋型タイプだ。実際に最も汎用性が高く、水を沸騰させて食材を煮るだけではなく、使い方によっては、蒸す、炒める、焼くなどと、様々な使い方が可能だ。素…

さらに記事を表示する
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る