閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  2. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
  3. トレッキングポールの機能(まとめ)
  4. トレッキングポールの分類(Z字型)
  5. トレッキングポールの分類(T字型)
  6. トレッキングポールの分類(I字型)
  7. トレッキングポールの分類(まとめ)
  8. 細引き&カラビナは、何かと役に立つ!
  9. シルナイロンって本当のところどうなの⁉︎
  10. スタッフバッグの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

タグ:分類

最新式のポールシステム以前から存在はしていたが、「山岳用」トレッキングポールとして強度を増し、実用レベルに達してきたのが、折りたたんで持ち運べるフォールディング式のトレッキングポールだ。収納時の形状から「Z字型」とも呼ばれる。長さ…

T字型のグリップシャフトに対してグリップが横向きに付いている為、「T字型」と呼ばれる。グリップの形状上、ストラップに力が加わることはなく、またシングルで使う人が多く、歩行中に度々左右に持ち替えることから、ストラップは手首に絡めにく…

I字型のグリップI字型のトレッキングポール は、スキーのストックとほぼ同形状のグリップで、先端の石突きまでストレートに伸びている。この為、「I字型」と呼ばれることが多い。手でグリップを握って体を支えることに使うのはもちろんだが、体…

その他の機能性スタッフバッグドライバッグとコンプレッションバッグ以外にも、様々な特性のあるスタッフバッグが登場している。中でも、軽量化を考え、ナイロン素材にシリコンを浸透させたシルナイロンが多く、超薄手で防水性も高い。とはいえ、こ…

コンプレッションバッグ上下から押さえ、内部のモノを強く圧縮するコンプレッションバッグ。有効に使えば、バックパックの容量を1つ下のサイズに変えられる可能性すら出てくる。パッキングに慣れない人には、特に効果的だ。…

ドライバッグ防水性の生地としっかりとした留め具を持ち、収納したものを水から守る。バックパック自体の防水性も大切だが、このドライバッグを併用することで、確実に荷物を守ることができる。…

バックパックの内部で荷物を小分けにして収納するスタッフバッグ…。中でも防水性のモノや収納物を圧縮可能なタイプなどは、機能的で便利だ。これらのスタッフバッグを大いに利用して、有益なパッキングを行いたいところだ…パッキ…

ヘッドライト以外のライト山では両手が空くヘッドライトの優位性は揺るがないが、ハンドライトやネックライトも便利だ。また、キャンプ地での居住性を高めたいときには、小型ランタンを持っていくのも悪くない。いずれにせよ、点灯するのはヘッドラ…

照射距離を調整できるハイブリッド小型と大型の2種類のLEDを備えるヘットライトもある。近距離を照らしたい時には小型LEDを、長距離を照らしたい場合は大型LEDをと使い分けが可能だ。中には小型と大型のLEDを同時に点灯でき、最高度の…

山道での歩行なら遠距離タイプがオススメ!遠距離を照射するのに特化したモデルは、大きめのLEDが一つのみ付属したタイプが一般的だ。LEDの数が少ない分、その光は強力で、スポットライトのような光で遠くまでを照らす。現在のモデルは、光量…

テント内なら近距離タイプがオススメ!本体に小型のLEDが数個並んだタイプは、広範囲に柔らかな光を照射する。照らしたいモノの場所が近い場合に有用で、テントの周囲で食事を作ったり、内部で本を読んだりする時や、消灯後の山小屋内でも使いや…

照射距離で別れる目的テント泊はもちろんのこと、日帰り登山の時にでも緊急時に備えた山の道具として、どんなシチュエーションでも必要不可欠な存在がヘッドライトだ。個人的には、登山初心者にも、日帰り登山であっても最初に揃えるべき山道具の一…

保温ボトル保温ボトル形状のウォーターボトルは、ボトルの壁を二重にした上で、その間の空間を真空にしたものが主流だ。熱の伝導率を低くすることで断熱性を上げ、お湯を保温するだけでなく、冷水を保冷する効果もある。保温性の向上の為、使われる…

フィルム状水筒数層にラミネートされたフィルムなどの合成樹脂を使った水筒は、非常に軽量で、水を入れていないときは小さく収納できるなどのメリットがあり、現在では人気のタイプである。私が20年以上前に登山を始めた頃には存在しなかったのだ…

ウォーターボトルアルミや合成樹脂を使って作られたボトルは、昔から定番のウォーターボトルだ。以前は筒型の他に、平形や箱型の形状のものが多く見られたが、現在ではシンプルで耐久性が高く、携行性にも優れた筒型のものが主流になっている。特に…

水分を効率よく運ぶ性能登山中は大量の汗をかき、こまめな水分補給が欠かせない。そこで必要となるのが、ボトルを中心とする飲料水を運ぶための水筒類だ。行動中に破損しない耐久性を持ち、使いやすいモノを選び用意したい。ボトルや水筒類でまず何…

大人数なら調理用具セット大人数で山に入り、大きめの鍋を使って共同で食事の用意をする際には、調理用のカトラリー類も大きめの方が良い。柔軟なまな板に大きなレードルやフライ返し、各種の調味料入れなどが付いたキッチンセットなど、専用ケース…

「武器」を持って行こう!食事の時に必要になるのが、箸やスプーンなど、いわゆる山用語で「武器」と呼ばれるカトラリー類だ。割り箸など使い捨てを使っている人もいるが、どうせならばコッヘルとともに山用のものを使いたい。また、個人的な見解を…

可能な限り荷物を減らしたい山では、単なるナイフよりもマルチツールの方が有用だ。特にトレッキングでは、マルチツールに分がある。だが、多少手の込んだ料理をする際には、やはり大きめのブレードを持つナイフがあると便利である。ナイフは目的に応じて選…

ナイフや缶切りといったマルチツールの調理用パーツに、スプーンやフォークなどのカトラリーがついたタイプもある。修理などの他の目的には使いにくいが、食事に必要なパーツだけに絞ってあるために、マルチツールの中では軽量でコンパクトだ。個人的な見解…

さらに記事を表示する
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る