閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

タグ:機能

衝撃吸収システム(アンチショック)トレッキングポール先端が地面に接すると、その衝撃がシャフトと通じて腕に伝わる。これは不快なばかりか、腕の筋肉を無用に刺激して疲れの元になる。そこで、人気が高いのが、トレッキングポールにクッション性…

トレッキングポールの働きトレッキングポールの構造は比較的シンプルである。だが、機能を最大限発揮させる為、それぞれに工夫されたパーツで構成されている。トレッキングポールの働きは、体重と荷物の重さを腕に分散させ、脚の筋肉や関節の負荷を…

細やかな差が出るディテールスタッフバッグはシンプルな装備である。荷物を確実に守り、ストレスなく使用出来る様にアウトドア用のスタッフバッグは細部まで念入りに作られている。ちょっとした差が、使い勝手を大きく変えるのだ。例えばドライバッ…

防水機能の大切さ現在の山岳用ヘッドライトの多くは、防水性になっている。豪雨の中で使うことも想定されるだけに、浸水して使えなくなるような構造では、心配どころかもはや使えないと言っていい…。とはいえ、水中でも使えるような高気密のモデル…

明るさとバッテリーの関係ヘッドライトの性質は、照射距離と光量、それに伴うバッテリーの数とパワー、そして使用可能時間のバランスで決定される。下の表は、ぺツル製品の性能を表す一例だ。使用する電池の種類と数が同じであっても明るさによって…

LEDライトの数一般的な登山に使用する場合、大きめのLEDが複数付いたヘッドライトは、オーバースペックになる上に、無駄に重く、現実的な選択肢ではない。複数のLEDが内蔵されたタイプを選ぶ場合は、下記例のように、いずれも小型のタイプ…

ヘッドライトの基本的な機能夜間・早朝登山などで積極的に使うか、緊急時の備えとして持つか、テントや山小屋内での使用に留まるのか、山行形態でその必要な機能・性能は大きく異なる。ヘッドライトを選ぶ基準として知っておきたい性能には、「明る…

保温性・保冷性の向上冷水やお湯の温度を保つ簡単な方法は、水筒の周囲を断熱性素材で覆うことだ。またボトルの壁が二重構造もしくは真空タイプの場合、飲み物の熱が逃げていくのは、内部の蓋の部分からだ。この部分が長くかつ細いものほど内部の熱…

飲み口の工夫ウォーターボトルの飲み口の形状は、水筒の使いやすさを大きく左右する箇所である。単純にキャップを回して外すだけのモノが多いが、中には口に含みやすい小さな飲み口を別途付けたタイプや、別売りパーツに取り替えられるモノもある。…

携行性が良いキャップウォーターボトルの一部のモデルには、キャップにカラビナなどが付属し、ストラップにかけて落下や紛失を防ぐ工夫がなされている。キャップをカラビナのように仕立てたモデルでは、ストラップなどに簡単に引っ掛けられ、紛失を…

ハイドレーションシステム水筒類は基本的にはシンプルな構造のモノが大半だが、使いやすさを考えて、細かな工夫もプラスされている。その一つが、今ではポピュラーな存在になった、ハイドレーションシステムだ。これは、バックパック内部に入れた水…

もはや定番のハイドレーションシステムウォーターボトルや水筒類は、基本的にはシンプルな構造のモノが大半だ。だが、使いやすさを考えて、細かな工夫もプラスされている。いい例が、今や定番となっている飲料水関係のギアの一つが、ハイドレーショ…

重さと大きさ、機能のバランスボールペンやライトまで網羅したタイプすらあるマルチツールだが、機能が増えるだけで大型になり、重量も増す。想像し使わないと思われる機能は省き、自分にとっての必要十分を考え、極力軽量なモデルを選ぶべきだ。シ…

想像以上に便利なネイルクリッパー手作業が多い山の中では、爪が割れたり、欠けたりするトラブルが多い。自宅で短く切っておくのが鉄則ではあるが、それでも爪切りが欲しくなる場面はある。マルチツールのハサミとヤスリがあれば十分に使えるとはい…

衛生面と耐久性をあげるカトラリー類は直接口に入れて使うモノであり、山の道具の中でも衛生面に気をつけたい道具だ。付属のケースが付いているものが便利で、中でも水洗いしやすい素材がベターであろう。カトラリーを包み込むケースは破損防止にも…

コンパクト性の追求箸と同様に、細長い形状のスプーンやフォークも破損の恐れは高く、何よりも持ち運びがしにくい。その為にスライド式や折り畳み式のカトラリーが増えており、手のひらサイズに収まるように作られている。しかし、食事の際に力を入…

用途に応じたブレードの形状まっすぐな直刃がナイフのブレードの主流。通常はこれで十分であろう。だが、波刃や一部を波刃に仕立てたタイプもある。波刃は野菜のカットやメンテナンスは難しいが、ロープの切断は容易で、肉などの柔らかいモノも切り…

安全性を増すロック機能フォールディング式で折りたためるタイプのナイフは、ブレードがすぐには戻らないように、ストッパー的な機能を持たせている。だが、強い力をかければブレードを戻せるモノが多く、力を入れて作業をするときには、少々不安が…

マルチツールの基本仕様マルチツールの中でも非常にポピュラーな機能を押さえたタイプが、「アーミーナイフタイプ」と「プライヤータイプ」だ。「アーミーナイフタイプ」には滑りにくいグリップとナイフが主体で、「プライヤータイプ」はそのままだ…

用途別のパーツと機能性パーツ自体の機能はもちろん、ディティールの工夫も山では重要となる。特にマルチツールは、自分にとって使いやすいタイプを把握しておきたいところだ。マルチツール の機能はタイプによって様々だが、基本となるのは刃物だ…

さらに記事を表示する
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る