閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツール の分類(ナイフ)
  2. マルチツールの分類(カトラリー付きタイプ)
  3. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  4. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  5. マルチツールの分類(まとめ)
  6. クッカーの使い方(メンテナンス)
  7. クッカーの使い方(収納)
  8. クッカーの使い方(収納袋)
  9. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  10. クッカーの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

タグ:選び方

サイズの選び方クッカーのサイズの選び方は、山行の人数=何人分の調理をするのかに比例する。ソロ山行であれば、700mℓほどのサイズの鍋が1つあれば、ラーメン程度は作れる。いつも大盛りを作る人であっても、1ℓサイズもあらば十分だろう。…

使いやすい「型」鍋型クッカーのタイプは、大きく分けて3つだ。円柱状の浅型と深型、そして角型だ。機能的にはそれほどの差はなく、どれを選ぶかは基本的には好みによるところである。だが、それぞれの長所を挙げるとすれば、調理しやすさと安定性…

オススメはチタン?アルミ?ステンレス?クッカーの機能や性質にどんな点を期待するかで、素材の選択基準は変わってくる。重量はチタン>アルミ>ステンレスの順で軽くなり、頑丈さではステンレス>チタン>アルミの順に硬さがあり、凹みなどの心配…

セレクトの要は、型・素材・サイズどんな「型」が使いやすく、どんな「素材」が調理しやすいか? その山行は何人で行われ、調理にはどんな「サイズ」が必要なのか? 山行スタイルは人によって異なり、クッカーの選択にも影響を与える。クッカー選…

手に入りやすいカセットガスドーム型の一般的なガスカートリッジよりも火力は控えめだが、カセットガスを使うバーナーも有用だ。わざわざアウトドアショップに出向く必要もなく、生活雑貨店やスーパー・コンビニなどでも手に入りやすい。家庭用とし…

液体燃料もガスも使えるモデルガソリンや灯油、ジェット燃料など数種の液体燃料を使えるのが、マルチフューエルタイプのシングルバーナーだ。その時に手に入った燃料を使うことが出来て、非常に便利でもある。だが、ノズルパーツの変更やこまめなメ…

収納ケースの種類金属製で丈夫なシングルバーナー だが、ガスカートリッジ式の五徳などはパーツが細かく、破損の恐れもある。そこでハードケースが付属されているモデルも多いが、バックパックの中で嵩張りやすく、邪魔になることも…。E…

直結型と分離型ガスバーナーからクッカーがゴロン…、かなり悲惨な状況だ。大きなクッカーを乗せるなら、五徳は長く、3本よりも4本の方がしっかりと重みを支えてくれる。ただ、直結型のガスカートリッジと大鍋の組み合わせは、頭でっかちになって…

シングルバーナー の大きさと重さについて考える荷物の軽量化を図るためにも、シングルバーナーも軽くてコンパクトなモノに越したことは無い。世界最小レベルのモデルには、50g台のモノもある。しかし、使用する場所のことも考えよう。周囲に遮…

素早く膨らませる為の工夫最近のエア注入式マットには、ポンプが内蔵されたモデルが増えてきている。軽量なフォーム材の弾力性を利用した構造で、ポンプがついてもそれほど重さがプラスされるわけではなく、なかなか優れたシステムである。使用方法…

寝心地を左右する厚み保温力は、タイプによって大きく異なる。クローズド・セル式と自動膨張式は基本的に厚みがある方が暖かい。反面、内部にそれほど工夫がないシンプルなエア注入式は、厚みとほぼ関係がなく、冬は常に冷たく感じる為、暖かい時期…

携行時のコンパクトさコンパクトなスリーピングマットは、パッキングを楽にする。サイズや厚みによって、収納サイズ、コンパクトさ、重量、快適さ、重視する視点は人それぞれ異なるものの、自動膨張式とエア注入式は、多少大きくても、バックパック…

スリーピングマットの形状は好みで選ぶスリーピングマットの形状と言えば、以前はスクエアなシルエット(レクタングラー型)が主流だったが、軽量・コンパクト化を図り、四隅のコーナーをカットしたタイプ(セミレクタングラー型・マミー型)や中に…

ポイントは、長さ・形・厚みスリーピングマットマットは「スリーピングマットの分類」で提示の通り、大きく分けると3つに分類できる。発砲素材で作られた「クローズドセル式(クローズドセルマット)」と、チューブに空気を入れて膨らませる「エア…

選び方のポイントは、フィット感スリーピングの選び方において、サイズの選択肢は数多くない。同一メーカー・同一品番で言えば、「ロング」「レギュラー」「ショート」の3種類と言ったところであろう。で、どのサイズを選ぶかだが、ことスリーピン…

防水用スリーピングバッグはお買い得?機能的な表地は保温力アップに貢献し、最大の効果を発揮する武器になる。生地の縫い目を防水処理しているモノはさらに有用だが、特別な生地を使ったモデルは高価になりがちだ。だが、濡れを防ぐ為に別途カバー…

快適に眠るための温度人によって快適な温度は異なり、山に行く時期や天候で気温は変化する。寝袋のセレクトはなかなか難しいが、温度の微調整は使い方次第だ。だが、それ以前に自分にとって使いやすいモデルを選ばなければならない。寝袋を選択する…

大きいのがいいか、小さいのがいいか?大きなテントが小さなスタッフバッグにキッチリと収納できると、もちろん気持ちが良く、バックパック内でも収まりがいい。日本のメーカーのスタッフバッグは、概ねコンパクトに出来ていて、テントを押し込んで…

長辺と短辺テントへの入り口の取り付け方は、側面の長辺か短辺かのどちらに付けられているかの2つに分かれる。悪天候に強いのは、狭い入り口を短辺に付けたモノ。短辺に入り口があると、人の出入りはしにくいが、同時にテント内に雨や風が吹き込み…

派手系と地味系色には人の好みが出る。だが、人が少ない山で張るテントには、安全面などもう少し別の視点で色選びをする必要がある。天気が悪い時にテントを離れることが多いならば、赤やオレンジを選ぶのが良いだろう。白いガスがかかっていてもど…

さらに記事を表示する
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る