閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

テントの使い方(フライシート)

前室の確保を優先する

テント泊を重ね、様々な気象条件を経験するにつれ、前室の大切さを思い知ることになる。広くて高い前室は、雨の日や荷物が多い時には、たっぷりと活躍してくれる。広くて高い方が使いやすいことは間違いないが、一方では軽量化したい時には、その分の生地の重さが気になるところである。通常のフライよりはかなり重くなる。しかし、通常は付属のフライシートを使うとしても、オプションとして大きめのフライシートを持っていると、登山の幅が広がり、悪天候が見込まれる時や人数が多くてテント内に荷物が収納できない時のサブとして有用となる。

アライテント フライシート2

シングルウォールの弱点をカバーするキャノビー

前室が省かれたシングルウォールテントにも、前室ができるキャノビーをオプション販売しているモノは多い。テントにポール1本を連結し、必要最低限のスペースを作るキャノビーは、真上から降り注ぐ雨や雪を防ぎ、シングルウォールの弱点をカバーする。小さな屋根でしかないが重さは軽く、雨の吹き込みがどうしても気になる人には、かなり重宝するはずだ。

スノーピーク ラゴ Pro.air

関連記事

  1. テントの使い方(豪雨・暴風への対処)

  2. テントの使い方(撤収手順)

  3. テントの選び方(まとめ)

  4. テントの機能(前室)

  5. テントの使い方(設営場所)

  6. テントの使い方(設営手順)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る