閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

テントの使い方(張り綱の効果的な使い方)

テント設営の基本

まずはテントを設営する際に、たるんだ箇所が生まれないようきちんと隅を伸ばすように張ることが、最低限でも注意すべきことだ。テントの四隅にはしっかりとペグを打ち、張り綱をビシッと伸ばしてペグダウンすることで、テント内部の居住性を最大限生かし、風や雨に負けない強度を引き出すことができる。この際、テント四隅の張り綱は、ポールの延長上に伸ばしてペグダウンすること。この方向が少しでもずれると不要な力がかかり、風で煽られることで破損の原因となる。テント本体とフライシートの間に空間を生むよう、各所に張り綱を伸ばすことも重要だ。

ネイチャーハイク Hyby3
張り綱を張り巡らせた風に強いモデル

「自在」をテント側に付け直す

テントに付属している張り綱には、長さを調整する「自在」と呼ばれるパーツがある。ほとんどのモノがテント側でなくペグがわにつけられており、張り綱を調整する際にはペグと張り綱との間で摩擦を引き起こす。しかし、ペグを深く打ち込んだ時や、岩をペグがわりにした時には、その摩擦が強すぎて全く長さを調整できないことも多々ある。そこで、張り綱を反対に付け直して「自在」をテント側にすると、摩擦が減り、長さを調整することが楽になる。「自在」を使って張り綱を調整する際は、いったん張り綱を十分に緩ませてから「自在」を持った手を近づけ、緩んだ分を回収するように引いていくと良い。

アライテント 張り綱セット

関連記事

  1. テントの選び方(色)

  2. テントの分類(シェルター)

  3. テントの使い方(ベンチレーター)

  4. テントの機能(張り綱)

  5. テントの選び方(居住性)

  6. テントの選び方(シングルウォール・ダブルウォール)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る