閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

テントの使い方(設営手順)

吊り下げ式テントの設営手順

下記に示した設営手順は、吊り下げ式テントの一例に過ぎず、スリープ式ではポールの扱いが変わるなど、テントそれぞれによって設営手順は異なるので、説明書を読んで、それぞれのテントの特徴をまずは把握したい。

①石や小枝を取り除く
テントを設営する場所を決めたら、その下に転がっている石や小枝をできるだけ取り除く。

②設営位置を調整する
テントを大きく広げ、改めて設営位置を微調整する。地面に凹凸がある場合は、テント内でマットを敷いて寝転ぶ場所を見定めておく。

③ポールを組み立てる
ポールの先端をインナーテントのグロメットにかけていく。2人以上で同時に行うと、湾曲したポールが跳ねずに、作業がしやすい。

④インナーテントを吊り下げる
ポールの先端を全てグロメットに取り付けたら、インナーテントのフックを一つずつポールにかけて、インナーテントを吊り下げていく。

⑤フライシートをインナーテントにかける
全てのフックをポールにかけ終わったら、次にフライシート を広げて、インナーテントの上にかけていく。

⑥フライシートをインナーテントに連結する
フライシート の末端にあるループをインナーテントの隅に連結する。これでインナーテント、ポール、フライシート が一体になる。

⑦ペグでテントを固定する
次に、ペグでテントを固定する。ペグを打つ順序は、テントの4隅(長方形型の場合)が最初。その後、各部の張り綱や前室部分に移り、固定する。

⑧ベンチレーターを調整する
ペグを全て打ち終わったら、最後にベンチレーターを調整する。暑い時は大きく開き、悪天候時はしっかりと閉めておく。

MSR フリーライト2
吊り下げ式テント

1ポールタイプの設営手順

下記は1ポールタイプのテントの設営手順だ。上記吊り下げ式タイプのテントの設営手順とは全くもって異なるので、注意したい。その他、各メーカーによってテントの特色があるので、合わせて留意してほしい。テントの張り方次第で、その快適さは大きく異なってくる。

①ペグを仮打ちする
1ポールタイプのテントの場合、最初に行うのは、ペグを打つことだ。テントをできるだけ大きく広げたら、まずは適当な場所に、仮に打っておけばいい。

②ポール先端をテント頂点に合わせる
まだ潰れた状態のテントの入り口を開けて内部に入り、ポールの先端部分をテントの頂点部分に合わせあてがう。

③ポールを延ばし、テントを上に持ち上げる
そのままポールを延ばし、テントを上に持ち上げていく。テントの裾と地面の距離が適度になったら、ポールを地面に立てて、外に出る。

④ペグを打ち直す
ポールを立てた場所を中心に、最初に借り打ちしておいたペグをテント生地が伸び切る場所に打ち直し、テントにテンションを与える。

ネイチャーハイク ワンポールテント

関連記事

  1. テントの選び方(3シーズン用・4シーズン用)

  2. テントの使い方(撤収手順)

  3. テントの選び方(シングルウォール・ダブルウォール)

  4. テントの使い方(設営場所)

  5. テントの選び方(出入り口)

  6. テントの使い方(フライシート)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る