閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

テントの使い方(撤収手順)

吊り下げ式テントの撤収手順

テントの撤収手順については、あまり説明書などには書かれていないが、基本的には設営手順の反対の順序で行う。ただし、ポイントはいくつかあり、是非下記手順を参考にしていただきたい。

①ペグを抜く
まずはペグを抜く。風が強い時は、風上の一部のペグを残しておくと、吹き飛ばされる心配が少なくなる。張り綱もまとめておくといい。

②フライシート を外す
次いで、フライシートを外し、テントから離す。2人以上いれば、汚さないように地面にはつけず、協力して空中で半分に折るといい。1人ならば、地面に広げて半分に折るといい。

③フライシートを横方向に折り畳む
半分に折ったフライシートを縦に延ばし、そのまま横の方向にどんどん折り畳んでいく。フライシートの裾は、全て地面側にある状態となる。

④フライシートを縦方向に丸める
横方向に畳み終わったら、次に上の方から順に折っていく。こうすると内部の空気が速やかに抜けていき、撤収作業が楽に行える。最後にスタッフバッグに入れ込むことを考えると、この段階で空気を抜くことを意識するといい。

⑤フックをポールから外す
次にインナーテントの撤収に入る。初めに全てのフックをポールから外し、その後にグロメットからポールの末端を取り外してしまう。

⑥ポールを折り畳む
インナーテントから外れたポールを折り畳んでいく。末端からではなく、ポールの中央でいったん半分にし、それから短くしていくと、ポール内部の伸縮性コードが伸び切らず、長持ちにつながる。

⑦インナーテントを折り畳む
インナーテントを、フライシートと同様の手順で小さく畳んでいく。フライシート以上に空気が抜けにくいので、空気の逃げ道を確保しながら行うといい。

⑧スタッフバッグに入れ込む
最後にスタッフバッグ にインナーテント、フライシートを入れ込む。大きめのテントは嵩張ると同時に重量もあり、1人では入れにくい。数人で協力して作業を進めたい。

ヒルバーグ Soulo Green
吊り下げ式テント

テント撤収のポイント

スリーブ式のテントの場合、設営時・撤収時共にポールは「押して」出し入れする。一方から引っ張ってしまうと、ポール同士の接触部分が外れてしまい、スムースな作業ができないどころか、ポール内のコードやテント生地を傷めてしまう。また、インナーテントからポールを抜いたり外したりする前(つまりはまだ自立しているうち)に、テント内のゴミや土・砂を外に出すと、後の手入れが楽になる。

テントのボトムが重なるように折り畳むと、泥汚れが他の場所に付きにくくなる。地面につかないように作業をすると、さらに良い。テントを畳む時には、付属のスタッフバッグ の大きさを意識する。短いと直径が太くなって入れにくくなり、長いとスタッフバッグ から溢れ出てしまう。スタッフバッグ が大型ならば、畳まず大胆に直接突っ込んでしまうのも一案だ。バックパック内では、他の荷物に押しつぶされて、結果的には意外と小さくなるものだ。

マウンテンハードウェア AC2ベスティブルグレイシャーティール
スリーブ式テント

関連記事

  1. テントの使い方(豪雨・暴風への対処)

  2. テントの使い方(まとめ)

  3. テントの選び方(シングルウォール・ダブルウォール)

  4. テントの分類(まとめ)

  5. テントの機能(主要構造・各パーツ名称)

  6. テントの使い方(フライシート)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る