閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

テントの選び方(居住性)

快適性と重量のバランス

内部スペースが広く高さもあるテントは、広々と使えるがどうしても重くなる。さらにベンチレーターがいくつも付いていたり、耐風性を高めるために多すぎるほどの張り綱がつけられていたりするモデルは、それらのパーツの重量も加わる。快適なテントほど重量がかさむのは避けられない。だが、荷物を外に置くことにして居住スペースを最低限にとどめられれば、小さなテントで済ませられることも可能だ。最低限の大きさにすればテントは軽いが、荷物をテント内に収容できず、前室に置かなければならない。余裕があるサイズは多少重くなるが、内部で荷物の整理もしやすく、居住性が良い。きっと、ゆっくり眠れるでもあろう。2人で行動する場合は、ソロ用テントを二つ用意するよりも、2人用テントを1つ持つ方が重量は軽くなる。同じモデルの1人用、2人用を比べれば、当然2人用が重い。しかしメーカーが異なれば、一概にそうとは言い切れない。1人で眠る方が気楽ではあるが、快適性と重量のバランスを考えたい。

プロモンテ 超軽量山岳テント2人用

テント内の整理に便利

テント生活は整理整頓が基本。狭いテントの中では、紛失は起きやすく、またテント内でバーナーを使った調理はテント内の火災の危険が伴う。テントのサイドウォールにポケットを持つモデルも多く、ヘッドライトなど、すぐに使うモノを入れておくと便利だ。ポケット以上に便利で収納力があるのが、ギアラック。テント内天井にハンモックのようにぶら下げる網状のラックだ。眼鏡や携帯電話など、繊細な道具をキープしておくのに便利で、テント内の快適性が増すのでオススメだ。

ビッグアグネス ブラックテイル2

関連記事

  1. テントの使い方(豪雨・暴風への対処)

  2. テントの使い方(ベンチレーター)

  3. テントの使い方(撤収手順)

  4. テントの機能(張り綱)

  5. テントの機能(主要構造・各パーツ名称)

  6. テントの分類(まとめ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る