閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

テントの選び方(3シーズン用・4シーズン用)

4シーズン用テントは「冬用テント」

一般的には、3シーズン用テントは「春・夏・秋」、4シーズン用テントは「春・夏・秋・冬」に利用可能と言われているが、4シーズン用は寒い雪山に対応すべく、生地は厚く、ディテールには工夫が多い為、かなり重く、実質的には雪山でのみ使われる「冬用テント」と思った方がいい。これをわざわざ夏山に持って行くならば、体力の消耗を覚悟しなければならない。

4シーズン用テントはフライシートの裾がぴったりと地面につき、内側に風雪が吹き込まない様に工夫されている。でも大雨の時などに実力を発揮するだろう。通気性よりも保温性を考えている為、内部の暑さも堪えるだろう。反対に、3シーズン用テントは、フライシートの裾が地面と大きく離れ、風通しが良い構造だ。フライシートの内側にも結露が付きにくく、夏は内部の熱気も逃げやすい。3シーズン用テントは、雪山でも使えないことはない為、どちらか選べと言われたら、3シーズン用テントをオススメするが、理想の理想を言えば、冬は4シーズン用テントを、それ以外の季節は3シーズン用テントを選ぶのが間違いはない。

ブラックダイヤモンド エルドラド
4シーズン用テント

関連記事

  1. テントの使い方(豪雨・暴風への対処)

  2. テントの使い方(ベンチレーター)

  3. テントの機能(張り綱)

  4. テントの選び方(収容人数)

  5. テントの使い方(張り綱の効果的な使い方)

  6. テントの選び方(スタッフバッグ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る