閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ウォーターボトルの分類(フィルム状水筒)
  2. ウォーターボトルの分類(ウォーターボトル)
  3. ウォーターボトルの分類(まとめ)
  4. マルチツールの使い方(メンテナンス)
  5. マルチツールの使い方(収納方法)
  6. マルチツールの使い方(プライヤー・ハサミ)
  7. マルチツールの使い方(まとめ)
  8. マルチツールの選び方(柄の長さ)
  9. マルチツールの選び方(素材)
  10. マルチツールの選び方(重さ・大きさ・機能)
閉じる

山道具の選び方

テントの選び方(スタッフバッグ)

大きいのがいいか、小さいのがいいか?

大きなテントが小さなスタッフバッグにキッチリと収納できると、もちろん気持ちが良く、バックパック内でも収まりがいい。日本のメーカーのスタッフバッグは、概ねコンパクトに出来ていて、テントを押し込んでドローコードで絞れば小さくなるタイプが多い。

イスカ ウェザーテックスタッフバッグ

しかし、スタッフバッグは必ずしも小型がいいと言い切れるわけでもない。大型のモノはザックリ畳んでも収納できるので、素早い撤収が可能だ。そして大型スタッフバックは、バックパック内部に収めれば、他の荷物で圧縮され予想以上にコンパクトに結果的になる。ストラップを引いてコンプレッションできる大きめのスタッフバッグもある。欧米メーカーのスタッフバッグには余裕があり、かなり適当に押し込んだとしても、最後にしっかりとコンプレッションストラップで締め付ければ、結局かなりコンパクトになる。もし気に入らなければ、別の小さな袋を用意して移し換えてもいい。

AEGISMAX ウルトライトコンプレッションサック

関連記事

  1. テントの選び方(出入り口)

  2. テントの選び方(収容人数)

  3. テントの分類(まとめ)

  4. テントの使い方(張り綱の効果的な使い方)

  5. テントの選び方(まとめ)

  6. テントの使い方(ベンチレーター)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る