閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

テントの選び方(まとめ)

温かい山中の我が家

山登りの妙味は、眠るという言わば「生活」を山に持ち込むところではないだろうか。そんな山の生活のカギを握るのが、テントやスリーピングバッグ(シュラフ・寝袋)だ。年々、軽量化が進む登山用具の進化において、テントはその最先端を行く道具の一つ。1人用で1kgを切る超軽量モデルも次々と登場しているというのが、近年の大きな特徴だ。ソロモデルが注目を浴びる一方で、複数人用モデルでも超軽量化は進んでおり、2人用で1,500g、3人用で1,700gを切るモデルも出始めている。テント本体とフライシート、ポールなどを仲間と分担して持つ事で、1人あたりの荷物は大幅に軽くなる。一つ屋根の下、仲間と過ごす夜は、一人よりも温かく、技術や経験を分かち合い、次なる夢を育む、貴重な場となるだろう。

ニーモ アトム2P
2人用で約1,500gのモデル

人によって使い方や好みが分かれるテント。高価な買い物でもあるので、後で後悔しないように、テントを選ぶ際にはいくつかのポイントを押さえておきたい。前述記事「テントの分類」でも解説したように、テントの性質とそれに伴う扱いやすさや使える場所は「シングルウォールか、ダブルウォールか」「自立か、非自立か」が、最大のポイントになる。テント選びの際には、第一にこの2つの選択肢から考えよう。

その後に、どのくらいの広さのテントを何人で使うのか、居住性の為にスペースの余裕をどこまで取るのかを考えていく。テントの軽量化という視点で言えば、テントそのものの重量も重要だが、何人で分担して運ぶのかも大きな問題だ。2kgの1人用テントを一人で使えば、重量は一人あたり2kgだが、4kgの4人ようテントに四人で寝れば、一人あたり1kgに過ぎない。とはいえ、重いインナーテント、フライシート、ポールを三人で分担すると、一人だけ荷物の軽い人が出てくるが、軽量になることは間違いない。

入り口の付け方や色も大切だが、後から少々使いにくいと思っても多少不便さを感じるだけで、荷物の重さを骨身に感じたり、現場で立てられなかったりという、根本的な辛さまでには至らないであろう。実際にテントを選ぶ際には、そのテントがどのような状況を想定して各メーカーがデザインしたのかも調べるといい。あまり歩かずに行ける低山のキャンプ場を想定したモノは、重くても耐久性と居住性が良かったり、体力勝負の高山ならば、居住性がイマイチでも徹底して軽かったり、登る山・季節・人数などにより最適なテントは違ってくるのだ。自分の目的に合わせつつ、可能な限り応用して使えるモノを選びたい。

マウンテンハードウェア ダイレクト2

関連記事

  1. テントの使い方(まとめ)

  2. テントの使い方(豪雨・暴風への対処)

  3. テントの選び方(居住性)

  4. テントの機能(各パーツ素材)

  5. テントの使い方(フライシート)

  6. テントの選び方(出入り口)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る