閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

トレッキングポールの使い方(まとめ)

正しい使い方で大きな効果を発揮

実はトレッキングポール を正しい持ち方、正しい長さで使っている人は、驚くほど少ない。中でも握り方と長さの調整を間違っている人が多いようだ。どんなに良いモデルを手に入れたところで、それではトレッキングポールの実力は発揮されず、あまり意味がなくなってしまう…

では、正しい使い方とは? グリップの正しい握り方は、言い換えれば、ストラップの正しい通し方とも言える。正しく通すだけで体重が手首にしっかりと掛かり、無用な握力を使わずに済む。その結果、腕が疲れにくい。その方法は、別記事「トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)」でも解説するので、よく見てほしい。

ポールを長すぎる状態で使っている人もとても多い。正しい長さに調整すれば、ポールを動かすときに腕を上げるとしても、多くはお腹の辺りまでだ。胸まであげねばならないようなら、おそらくそれは長すぎる。長時間使っていると肩と腕が次第に疲労していくはずだ。だが、適切な長さならば、歩行中の腕の振りだけでポールは自然と前へ移動していく。

この2点さえキチンと押さえれば、トレッキングポールは大きな力になる。逆にいうと、上手く使わなければ、脚の負担は減るかもしれないがその効果は薄く、むしろ肩や腕に負担を課しているとも言える。現在持っているポールが気に入らないからと新製品をチェックする前に、もう一度使い方を確認してみよう。特に、これまでにトレッキングポールの効果をそれほど実感できていなかった人は、一度思い切って短く使ってみて欲しい。正しい使い方をしなければ、何を選んでも大きな効果は生まれないのである…

関連記事

  1. トレッキングポールの分類(T字型)

  2. トレッキングポールの選び方(まとめ)

  3. トレッキングポールの選び方(グリップ)

  4. トレッキングポールの分類(I字型)

  5. トレッキングポールの分類(Z字型)

  6. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る