閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

トレッキングポールの選び方(グリップ)

握りやすいグリップの形状

手のひらになじむか否か…、グリップの良し悪しは、トレッキングポールの使いやすさに直結する。自分の手に合う形状、太さ、素材感を念入りに確かめ、自身にとって最良のモノを手に入れたい。合わないモノは腕の疲労を増してしまう大きな要因・原因になってしまうばかりか、長時間使い続けると、手のひらと摩擦を起こし、擦れによって痛みを生じさせてしまう。トレッキングポール には女性用のモデルも多く、細身のグリップは華奢な手でも持ちやすくなっている。

エルゴン形状のグリップが、最上部のシャフトまで覆ったタイプは、急斜面などでは必要に応じて短く持てる仕様になっている。プラスチックとゴムという硬軟の素材を部分的に使い分け、手のひらへのフィット感を向上させたタイプは、グリップ形状の一部は空洞となり、軽量化にも貢献する。弾力性の高いコルクのグリップを、前方に角度をつけて配置したタイプでは、下り道でトレッキングポール 先端を前に向けやすくなり、安全性を向上させる。さらには、人間工学を元に開発された、曲線を描くT字型のタイプでは、グリップ上部にドット状の小さな窪みが付き、滑りとめの効果を持っている。どれも特色があるが、どれが優れているとは言い切れず、店頭で自身に一番フィットするグリップを選ぶことが、賢明だ。

人体工学的グリップ

I字型にせよ、T字型にせよ、長時間使い続けていると握力が落ち、持ち続けるのが嫌になる。だが人体工学を応用したグリップならば、ほとんど力を入れずに長く使える。まるでゲームのコントローラーのようなルックスのこのグリップは、力を入れず、楽にグリップを握ることができるのだ。一般的なタイプよりもシャフトの長さは若干短めに使うのも、楽に長時間山行をするコツでもある。

関連記事

  1. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)

  2. トレッキングポールの選び方(サイズ)

  3. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)

  4. トレッキングポールの機能(まとめ)

  5. トレッキングポールの分類(T字型)

  6. トレッキングポールの分類(Z字型)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る