閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

トレッキングポールの選び方(サイズ)

使用時と収納時の長さ

正しい使い方をすれば、一般的な日本人の身長ならば、最長サイズで130cmもあれば十分だ。自分の身長を基準にして低めの人は短めのサイズを選ぼう。一方、最短サイズは収納時にバックパックへ取り付けるときに影響する。大型バックパックならば、眺めでも邪魔にならないが、小型や中型ならばできるだけ短くなるモノが移動時には便利だ。だが継ぎが多すぎると、シャフトの重なり部分も多くなり、重量が増えるので注意したい。

例えばだが、5段継ぎのラチェット式で、最短は39cm、最長は90cmのタイプだと、継ぎの部分の重なりの為に素材使用量は増えるが、小型バックパックにも収納できるほどショートになる。一方、最短は65cm、最長は140cmのタイプでも、これだけの長さがあっても、カーボン製ならば、重さはわずか241g(1本)と軽い。このようなサイズの3段継ぎたい方が、今は最もポピュラーだ。

関連記事

  1. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)

  2. トレッキングポールの分類(T字型)

  3. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)

  4. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)

  5. トレッキングポールの分類(I字型)

  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る