閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

ウォーターボトルの分類(まとめ)

水分を効率よく運ぶ性能

登山中は大量の汗をかき、こまめな水分補給が欠かせない。そこで必要となるのが、ボトルを中心とする飲料水を運ぶための水筒類だ。行動中に破損しない耐久性を持ち、使いやすいモノを選び用意したい。ボトルや水筒類でまず何より大切なのは、行動中に水がこぼれないという基本的なことだ。その上で、使いやすい形状を選び、季節によっては保温力も考慮するといい。

山中で脱水症状に陥ることは、ときに死の危険性すらある大きなトラブルとなる。行動中に飲むものとは別に、十分な飲み水を持ち歩くのは、山歩きの初歩的なセオリーである。使いやすいのは、シンプルなボトルだ。アルミや合成樹脂製で、形状やデザインが豊富にあり、耐久性にも優れている。容量は様々であるが、登山用に便利なのは、0.6〜2.0ℓまでのサイズであろう。それ以上のサイズはかさばるので、少し扱いにくいかもしれない。オススメなのは1.0ℓのサイズが必要十分で使いやすいだろう。

その点、大容量でも水を入れていなければコンパクトで軽量なのが、フィルム状の水筒である。10ℓ以上の大型サイズのモノもあり、ボトルのサブとして持っていくのもいいだろう。保温ボトルについては、機能と重量がトレードオフとなる為、山行に合わせて必要性を吟味するといい。

関連記事

  1. ウォーターボトルの選び方(まとめ)

  2. ウォーターボトルの選び方(容量)

  3. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)

  4. ウォーターボトルの選び方(素材)

  5. ウォーターボトルの使い方(まとめ)

  6. ウォーターボトルの機能(ハイドレーションシステム)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る