閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

ウォーターボトルの選び方(まとめ)

使いやすさと強度のバランス

水は山で最も大切なものだ。だからこそウォーターボトル類は、買う実に必要は量を運べ、使いやすいモノを選びたい。大きいモノ一つで間に合わせるのか、それとも小型なモノをいくつか組み合わせるのか、飲料水用のウォーターボトルを購入する際に、まず初めに考えなければならないのが、容量だろう。大型のモノ一つにすれば、荷物の軽量化に繋がる。だが、大量の水を入れると重くなり、口につけて飲むたびに持ち上げるのが億劫になる。小型のモノを複数用意した場合、水筒ごとに違うモノを入れられるというメリットがある。普通の水は一定量キープしつつ、別のウォーターボトルにはドリンク剤を溶かしたものを入れ、味の違いを楽しむのも悪くない。しかし、荷物が少し重くのは避けられないだろう。ともあれ、必要十分な量が確実に持てれば、後は使い勝手の問題となる。

飲みやすい口径の大きさ

飲み口の形状は大きめのモノと、小さめのモノがある。大きめのモノは掃除がしやすく、一度にたくさんの水を口に入れることもでき、いかにも水分を補給した気分になれる。小さめのモノは一気に水を飲むことはできないが、目的地に着くまで水を飲み切らないように心がけている人には、その少しづつしか飲めない点が、むしろ好まれている。

調理用としてのウォーターボトル

ところで、ウォーターボトルは行動中だけに使うモノではない。テント場などでは、調理用の水を運ぶ為にも必要だ。このとき、小さなボトルでは必要分を運びきれないので不便だ。特に大人数で一緒に調理を行う場合は、グループ内の共同装備として使う大型のウォータータンクを一つ用意しておくと、何度も水場へと往復したり、小屋に購入しに行ったり手間が省ける。

関連記事

  1. ウォーターボトルの分類(フィルム状水筒)

  2. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)

  3. ウォーターボトルの選び方(形状)

  4. ウォーターボトルの機能(保温性・保冷性)

  5. ウォーターボトルの機能(まとめ)

  6. ウォーターボトルの機能(ハイドレーションシステム)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る